そこんとこ注目スタジオ

そこんとこ注目スタジオ header image 1

新規でも申し込みが可能なプラチナビジネスカード

1月 6th, 2014 · 未分類

セゾンカードでは「セゾン・プラチナビジネス・アメリカンエキスプレスカード」として法人カードを発行しています。セゾンカードの利便性とアメリカンエキスプレスの充実サービスを併せ持つこの法人カードは、ビジネス向けのプラチナカードです。通常プラチナカードはインビテーション制を採用していますが、セゾン・プラチナビジネス・アメリカンエキスプレスカードは新規での申し込みが可能という、希少性の高さが特徴です。またショッピングの利用額が年間200万円以上になると次年度の年会費が10500円になるというお得なシステムとなっており、ビジネス向けのため、カードの引き落とし口座を法人口座名義と個人口座名義で選ぶことも可能です。オフィス用品の購入やレンタカーの使用、宅配サービスなどで会員優待を受けることができるビジネスアドバンテージも魅力的で、さらに、出張などで海外に行く際の補償もあり、世界600か所以上で使用できるプライオリティ・パスが無料になることも大きな特典となっています。

セゾンカードではビジネスはもとよりプライベートにおいても充実したサービスを提供するために、独自のコンシェルジュサービスを導入しているのも特徴です。このコンシェルジュサービスでは365日24時間専任スタッフがコールセンターに常駐して利用者からの問い合わせの対応を行っています。海外出張の際の渡航先の情報や、ビジネス向けの通訳案内などはビジネスシーンにおいて大いに役立つといえます。もちろんクレジットカードのサービスに関する問い合わせにも対応してくれますので、海外からも時差を気にすることなく利用することが出来ます。セゾンカードの代名詞ともいえるセゾン永久不滅ポイントサービスも勿論付いています。日本国内では1000円利用ごとに1ポイントですが、海外利用においては100円利用ごとに2ポイントの付与となっています。法人カードであれば利用額も大きくなりますので、その分ポイントも貯まりやすく、よりお得といえるのではないでしょうか。

法人向けETCカードはこちら

→ No CommentsTags:

髪に良い白髪染め

12月 15th, 2013 · 未分類

髪への負担が少ない白髪染め

 ヘアカラーによる白髪染めは、化学成分による脱色やキューティクル内部へ染料を定着させるため、頭皮や髪へかなりの負担がかかります。既に髪の毛のダメージが進んでいる方やアレルギーでヘアカラーを使えない人は、髪や頭皮への負担の少ない白髪染めを使用することをお薦めします。

 このような方には、白髪染めとしてヘアマニュキュアやヘアスプレーといった白髪染めが販売されていますので試してみる価値は、あると思います。これらは、パッチテストもする必要はなく、髪の表面に染料をコーティングするだけなので髪への負担は、少なくなります。ただし、色持ちに対しては、シャンプーやブラッシング時に落ちやすいため、短くなります。その他、シャンプー後のトリートメントで染まる白髪染めも販売されています。成分も天然のものを使用しており髪や頭皮には優しい白髪染めです。また、シャンプーするたびに染めることができるのでわざわざ染める時間を作る必要がないのも一つの利点です。

天然成分配合の白髪染め

ヘアカラーによる白髪染めは、髪をしっかり染めることができ、色持ちも長く魅力ある商品ですがその反面、髪や頭皮への負担が少なからずあり、トラブルに見舞われる方もいます。そのためか、髪や頭皮に優しい無添加で天然成分を配合した白髪染めも多く販売されています。

 無添加とは、ヘアカラーなどに含まれている化学成分を一切使用していないということで髪や頭皮への負担がかなり少なくなります。また、染料も天然の植物色素を配合しているので髪や頭皮への負担も少なくなります。

 その染料には、青色の色素を持つクチナシや黄色の色素を持つウコン、赤色の色素を持つアトナーなどの植物が主な原料になっています。これらの色素が自然に髪の表面を染めていきます。また、トリートメント効果のある天然成分も配合されているので傷んだ髪にもツヤやコシを与える効果が期待されます。

 このような無添加で天然成分を配合している白髪染め商品は髪や頭皮に刺激を与える化学成分は含まれていないため、頭皮などから吸収しても体には害を与えることのない安全な成分を使用しています。

白髪染めの選び方について
http://www.mojoevolution.com/

→ No CommentsTags:

看護師として働く

8月 14th, 2013 · 転職情報

看護師として働く場とは?

がんばって勉強して,ようやく看護師国家試験に合格したので,ぜひ希望の病院で働きたいという方は多いと思います。その一方で,看護師は病院で働くしかないのだとうかと悩む方もいます。夜勤はもう辛くて嫌!と思う方もいるでしょう。看護師は,その働きの分野がかなり幅広いので,どのような分野で働きたいのかをよく考えて,選ぶことができます。

看護師の働く場は,病院や診療所だけではありません。他にもさまざまなジャンルがあります。たとえば,健康診断をするため医師と企業などに出向く検診車で働くとか,保健所や老人福祉施設で,働くこともできます。介護保険施設や訪問看護ステーションも求人している場合があります。福祉施設や身体障害者施設,会社などの医務室で働くこともできるかもしれません。このように看護師の免許を持っていれば,自分の興味のあるいろいろな場所で働けるのです。もちろん,経験年数に制限がある場合もあります。

看護師としての自分を見つめる

どのような職場で働くにしても,就職を決める前に,自分自身を見つめなおしておくのは良いことです。自分の看護観とはどのようなものなのかをよく自問してみましょう。
まず,自分はどのような看護師になりたいのかという点を再確認します。優しい看護師,頼れる看護師,笑顔の絶えない看護師でしょうか。責任感がある看護師,向上心がある看護師,思いやりのある看護師を目指したいと思いますか。そのように自分の理想の看護師像を描き,それを目標にがんばることができます。もちろん理想通りにはいかないことも多いでしょう。看護師の仕事はとにかくハードです。それでも理想をいつも念頭に置くことは重要です。

そのように自分を見つめたうえで,職場を決めましょう。私が過去に調べて中で、参考になるサイトがあったので、そちらも紹介しておきます。
xn--gmq98ty5eimqdsi7ifvu5b.com

地域は埼玉の看護師さん用のサイトですが、転職のポイントも紹介しているので、おすすめです。他の手段としては,その就業先の資料を取り寄せたり,見学会に参加したりして,徐々に絞っていきましょう。どんな看護師になりたいのかが重要で,その後,給与や賞与,勤務日数,勤務態勢など重要なポイントも押さえていきましょう。

→ No CommentsTags: